☆お知らせ & 健康情報

2020-01-21 14:04:00

質の良い睡眠をとる方法

質の良い睡眠をとるポイントは、「睡眠物質の分泌」「脳の眠気」「深部体温」の3つになります。

これらを以下の法則を使いうまく身体と脳をコントロールすることで、睡眠の質を上げることができます。

 

☆『4ー6ー11の法則』

「4」 : 起床4時間(理想は1時間)以内に日光を浴びる。
    寝ている間に溜まった睡眠物質(メラトニン)を減らすことができ、更に脳に光が入ることで16時間後にメラトニンが増え眠くなる仕組みがあり、睡眠をしやすい状態に持っていきやすくなる。

「6」 : 起床8時間後と22時間の1日2回、脳は働きが悪くなる仕組みがあるので、その少し前6時間後に仮眠をとると良い。
    脳は視覚を遮断しないと休憩できないので、椅子に座ったまま目を閉じ脳を休ませる。
    10~15分が最も効果的。30分以上は夜間睡眠と同じ脳波がでるので逆効果。

「11」 : 起床11時間後に運動又は姿勢を良くする。
     内臓の温度(深部体温)が高くなると元気になり、低くなると眠くなる仕組みがあり、11時間後に深部体温を上げることで、夜に深部体温が急激に下がり、深い睡眠がしやすい状態に持っていきやすくなる。

質の良い睡眠をとる方法

2020-01-20 18:55:00

2月の休み&短縮営業のお知らせ

早いことに1月も下旬に入ろうとしています。
雪が舞ったりと寒い日が多いので、体調管理には気を付けましょう。

 

わたなべ整体 
2月の営業 22日(土)は16時迄の短縮営業以外は通常営業となります。
2月の予約も受付していますので、ご予約はお早めにお願いします。

 

⭐2月のお休み&短縮営業のお知らせ⭐
6日(木) 休み
13日(木) 休み
16日(日) 休み
20日(木) 休み
22日(土) 短縮営業16時迄
27日(木) 休み

2月の休み&短縮営業のお知らせ

2020-01-14 16:09:00

『痛みの場所』と『原因の場所』は違います!

 

人間のカラダは約400の筋肉と206個の骨、200の関節で作られています。

 

これだけの数があるのを知っていましたか?

 

これだけ多くの数があるので、わたしたちは細かい動きもスムーズに動かせているのです。

 

しかし、猫背や座る姿勢、動きの癖といったことで、動きに歪みが生まれてきます。

 

この歪みをカバーするために、他の場所が普段とは違う動きをすることで、スムーズに動こうと頑張りだすのです。

 

そして、その頑張りによって新たな歪みが生まれ、この歪みをカバーするために・・・と悪循環に陥り、最終的にカバーできなくなった場所が痛みとして感じるようになっているのです。

 

これが痛みのメカニズムです。

 

痛みは歪みを繰り返されていることでおきています。
痛みを感じている場所だけをほぐしていてもダメなんです!
痛みの場所までの11つの歪みも正さなくては、また痛みは戻ってしまいます。
あなたの腰痛の原因は足の指かもしれませんし、 手の指なのかもしれません。

痛みの場所と原因の場所は違います。

 

痛みを改善させるためにも、軽くスムーズに動ける身体にするためにも、筋肉や筋膜だけでなく関節から正しく歪みを整えることが大切です。

体を整えるのが整体です。しっかりとカラダの奥から整体させて痛みのない元気な生活、とり戻しましょう!

 

 

2020チラシ痛みの場所部分.JPG

2020-01-13 11:21:00

インナーマッスルの種類

インナーマッスル(深層筋)の部位をまとめました。
一つ一つの筋肉の役割・作用はまとめましたら順次掲載していきます。

 

○胸部周辺 : 小胸筋・前鋸筋

○上背部周辺 : 大円筋・菱形筋

○肩関節周辺 : 回旋筋腱版(ローテーターカフ)ー棘上筋・肩甲下筋・棘下筋・小円筋

○腹部周辺 : 内腹斜筋・外腹斜筋・腹横筋・横隔膜・骨盤底筋群(尿道括約筋・外肛門括約筋・球海綿体筋・肛門挙筋など)

○腰椎周辺 : 長背筋群(板状筋群 ー頭板状筋・頚板状筋 、脊柱起立筋群 ー腸肋筋・最長筋・棘筋 、その他 ー半棘筋・多裂筋・回旋筋)

○股関節周辺 :腸腰筋群(大腰筋・腸腰筋・小腰筋)・内転筋群(長内転筋・短内転筋・大内転筋)・深層外旋六筋(梨状筋・外閉鎖筋・内閉鎖筋・上双子筋・下双子筋・大腿方形筋)・小殿筋

インナーマッスルの種類

2020-01-12 16:42:00

体幹とインナーマッスルの違い

体には約400もの筋肉があり、何層にも重なって存在している。

皮膚の上からでも触れることができる筋肉をアウターマッスル(体の表面にに近いところ、浅いところにあるので「表層筋」「浅層筋」ともいわれる)がある。

そして、体の中心部にある筋肉をインナーマッスル(体の奥深いところにあるので「深層筋」ともいわれる)がある。

つまりインナーマッスルは筋肉が存在する場所の『深さ』を表している。

体幹は何かというと、頭と両腕・両脚(四肢)を除く胴体の『場所』を表している。

体幹を鍛えるとは、胴体の筋肉(インナーマッスルとアウターマッスルの両方)を鍛えることになる。

体幹とインナーマッスルの違い

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...