☆お知らせ & 健康情報

2019-11-27 17:38:00

妊婦さんの腰痛

妊婦さんの腰痛.jpg
妊婦さんの方も来院されていますが、ほとんどの方が腰痛で来院されます。
お腹が大きくなってくると、立ち姿勢もガニ股気味のが楽になるので、どうしても姿勢は崩れやすくなります。

これが腰痛になるきっかけとなるんです!
この姿勢が続くことで、お尻の奥にある小臀筋という筋肉が緊張してしまい、股関節を上手く支えられにくくなり不安定な状態になってしまいます。
そうすると腰と脚を結んでいる腸腰筋という筋肉の働きも鈍くなり、脚を上げたりという動きで腰の筋肉を余分に使わなくてはいけなくなるのです。

これによって最終的に腰に負担がかかり、結果として腰に痛みを感じさせているのです。

結果の場所ばかり揉んだりしても意味がありません。

そこまでの過程がどのようになっているのか、本当の原因がどこにあるのかを見極めてケアすることではじめて痛みに変化させることができるのです。

妊婦さんの腰痛の原因は小殿筋にも隠れていることが多いのです。
これが妊婦さんに腰痛が多くなる原因の1つです。
このように痛みを感じている場所と痛みの原因の場所は違います。
正しくケアして、あなたも痛みを原因から取っていきましょう!

12月の休みは、5日(木)、12日(木)、15日(日)、19日(木)、26日(木)、31日(火)
年末年始休暇は12月31日(火)〜1月3日(金)
となります。

よろしくお願いします。
12月の休み.jpg

2019-11-19 10:20:00

痛みのメカニズムと原因

人間のカラダは約400の筋肉と206個の骨、200の関節で作られているのです。

知っていましたか?

 

これら1つ1つが正しく働くことで、カラダをスムーズに動かしているのです。

しかし何かのきっかけ(動きの癖、姿勢など)で働きが悪くなった部位ができると、そこをカバーするために他の部位が働くことでカラダをスムーズに動かしているのです。

そしてそのカバーした働きを他の部位がカバーをし、そのカバーした働きを他の部位がカバーをする・・・

と悪循環に陥るのです。

 

これが歪みです。

 

そして、この歪みをそのままにしておくことで関節の遊び(クッションの役割をはたす隙間)がなくなることで、痛みとして感じることになるのです。

 

これが痛みのメカニズムです。

 

痛みの原因は痛みを感じている部位にあるのではないのです。

本当の原因は最初に動きが悪くなった部位にあるのです。

あなたの腰痛の原因は足の指なのかもしれません!

痛みを感じている部位を揉んだりほぐしたりしても効果はないのです。

 

原因からしっかり良くして元気なカラダにしませんか?

1