・最近の記事

2017-07-29 16:49:00

捻っての腰の痛み

腰が痛いって方多いですよね!

 

でも痛いといっても痛みの出る姿勢や動きっていろいろです。

 

今回はその中で体を捻った時に痛みが出る原因について考えていきたいと思います。

どんな姿勢や動きでも腰が痛いと腰を一生懸命に揉んだり伸ばしたりしている方も多いですが、その時は楽になった感じはしても、すぐに痛みが戻ってしまうなんてことよくありますよね!

 

 

 

体を捻った時の痛みの原因、それ腰じゃなくて肩甲骨まわりの背中なんてことがよくあるんです。

 

 

ゆっくり後ろを向くなら首だけで十分ですが、勢いをつけたりして後ろを見るときは肘も一緒に後ろに引きながら振り向きますよね!

この肘を後ろに引く動作が背中の筋肉も使っているんです。そしてその時肩甲骨は、体の内側に引っ張られているんです。

 

この肩甲骨を内側に引っ張っている筋肉は僧帽筋という大きな筋肉が働いているんですけど、これがスムーズに動いてくれればいいのですが、動きが乱れると腰に余計な負担となって、痛みとなって出てくるんです。

 

僧帽筋がスムーズに動くためにも、腰と連動して動いている肩甲骨が正しく動くようにしておくことが大切なんですよ!

 

肩甲骨も含めて身体には206の骨があり200の関節で構成されています。

それら1つ1つを8方向にしっかり丁寧に整えていく関節ニュートラル整体(KNS)、是非うけにお越しください!

 

 

ご予約はコチラ↓↓↓

https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000381246/

またはお電話

03-6421-5507 

からお取りできます。

2017-07-25 15:54:00

ヴィレッジヴァンガードで売られる大賞

当院のイメージキャラクターのハッスルがいこつくんをデザインしてくれた windingtao さん

 

ヴィレッジヴァンガードで売られる大賞 の最終審査、『クラウドファンディングで⽀援者が集まったら商品化』までたどり着いて奮闘中!

 

ぱっと見 背骨のデザインに見えますが、よく見ると鳥なんですよw

背骨と鳥.PNG
かわいらしい作品なんですが、商品化される為にも皆さんのご協力も必要なんです。

 

このTシャツに興味持った方、お願いします!(^^)!

 

詳細はこちらから↓
https://camp-fire.jp/projects/view/33299

 

 

これ以外にもいろいろと商品も出しているようですので、こちらもご覧になってください↓↓↓
https://www.winding-tao.com/

 

写真の骨ほねが着てるTシャツが、イメージキャラクターのハッスルがいこつですw

honehone.jpg

 

施術の予約もまってます(^^)/

ご予約は
https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000381246/
またはお電話
03-6421-5507

『ホームページを見て電話しました』とお電話ください(^^)/

2017-07-17 21:51:00

貴方の不調はココが原因かも!

意識なんてしたことないと思いますが、足首から下だけで骨って26個(種子骨は含まない)あるんですよ!
手首から先が27個なんで、ほぼ同じ数あるんです(^^)b

手のように細かい作業をするわけでないので、細かく動かすことは難しいですが、日常ずっと靴の中で動かさない生活をしているので、本来の弾力が失われている方がほとんどなんです。

でもこの場所は身体の一番下にあるので、ここの弾力がなくなると足や膝・股関節といった場所だけでなく、腰やさらに肩・首といったところの痛みの原因にもなっているんです!

そんななかなかケアなんてしないような、足の先まで含む全身にある200の関節をしっかり調整していく関節ニュートラル整体だからこそ、今までスッキリしなかった痛みも改善させていけるんです!
身体の不調でお困りの方是非お越しください。

ご予約は
24時間対応のWEB予約
またはお電話
03-6421-5507
『ホームページを見て電話しました』とお電話ください(^^)/

2017-07-14 15:10:00

ストレッチは関節から!

人間の身体は約400の筋肉と206個の骨でできているって知ってました!?
そして206の骨は200もの関節によって様々な方向にスムーズに動けるよう繋ぎ合っているんです。

身体が軽く滑らかに動くようにする為には、関節が大切になるんです(^^)b

関節は筋肉の下にあって、筋肉は関節をまたいでくっ付いているので、曖昧に筋肉を動かしても身体はギクシャクと動くだけなんですね!
だから関節を知らずにストレッチをやっても筋肉はしっかり伸びてくれませんし、ストレッチをやったとしても効果は格段に減少してしまうんですよ(^_^;)

関節からしっかり身体を整えていくことで、腰や肩に対する負担が減って慢性的な痛みも緩和されていくんです(^_-)-☆
そしてさらに、疲れにくい軽く動ける身体に変身していくんですよ!

暑い日が続いていますが、軽く壮快に動ける身体を手にして、元気に生活したいと思いませんか?

是非一度わたなべ整体の関節ニュートラル整体(KNS)を受けてみてください。
お待ちしてますね(^^)/

ご予約はWEB予約
https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000381246/
またはお電話
03-6421-5507
『ホームページを見て電話しました』とお電話ください(^_^)/

2017-07-11 20:28:00

四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)

 

2018221日修正・更新≫

 

最近 四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)の方が多く来院してくれてます。

 


そんな時肩の状態もしっかりチェックしていきますが、実際に施術するのは肩ではなく肘だったりします。 

肩ではなく肘の関節の調整で腕の挙がりに変化がでる方もいるんです!


そのうえで身体は一つの部位を動かすと連動して全身が動き出すので、痛みは肩にあっても全身の調整をしていくことで、施術前とは違う軽く動けることを実感でき喜んで帰られます。

しかし施術のやり方は四十肩・五十肩に発症してからどのくらいの期間が経ったかによって大きく変わります。

 

 

四十肩・五十肩の発症原因は、肩の周囲にある筋肉や腱、靭帯、関節包、滑液包などの組織が加齢などによって炎症が生じることが要因と考えられていますが、実はいまだに明らかになっていないのです。

 

 

そして発症してからの時期によって、「急性期」「慢性期」「回復期」と大きく3つに分けられます。

 

・急性期(およそ2週間から1カ月)

腕を動かしたときに肩に激痛が走り、寝ている時に寝返りを打つだけで痛みを生じる夜間痛が出るといった、四十肩・五十肩の典型的な症状の時期。

肩だけでなく二の腕や手先にも痛みや痺れが出ることもあります。

この時期は無理は禁物です。
施術としてもチェックで肩を軽く触ることはしても、肩そのものを揉んだり動かしたりすることは決してしないです。

 

・慢性期(半年から1年)

急性期の激痛が治まってくると鈍い痛みへと変わってきます。

急性期の炎症の影響もあり、筋肉が委縮して固まっているので肩が上がらなくなっているなど可動域が狭くなっています(肩関節拘縮)。

着替えや洗髪など日常生活にも支障をきたす時期です。

動かせる範囲で動かしていくことは大切ですが、痛みが出るような無理な動きは痛みがぶり返すことがあるので要注意です。

このころから肩の状況を診ながら、上記のように肘などの調整も入れていきます。

 

・回復期

腕を動かしても痛みはほとんどでなくなってくるが、「肩の動きが非常に悪い」「腕が最後まで伸びきらない」などの症状が残る時期です。

この時期になりましたら、身体全身のバランスを整えるようにストレッチや運動療法も加えながら肩を元の動ける状態へと戻すよう施術していきます。

 

 

四十肩・五十肩に限らず、痛いところとその原因となっているところが違うことはよくあることです。

どのような症状でも毎回しっかりお話をしっかり聞いたうえで施術はしております。

 

身体の不調があるようでしたら、是非一度お越しください。

 

 

わたなべ整体

ご予約はホームページ
https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000381246/coupon/

またはお電話

03-6421-5507

で お待ちしております。

 

 

 

1 2