☆お知らせ & 健康情報

2019-09-21 17:29:00

ヘバーデン結節について

ヘバーデン結節についてまとめてみました。

 

・ヘバーデン結節

手指の人差し指から小指の第1関節(DIP関節)が赤く腫れたり、変形し曲がり痛みを伴うこともある症状で、指の動きが悪くなりものを掴みにくくなり、第1関節の近くに水ぶくれのような透き通ったでっぱり(ミューカスシスト、粘液嚢腫)ができることがある。

 

◎原因

・女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が減少する更年期以降である40~60歳代の女性が多く発症する。

・遺伝性は証明されていないが、母や祖母がヘバーデン結節になっていると発症する傾向にある。