・最近の記事

2017-09-02 17:55:00

慢性痛の原因は関節の多い背中!

肩や腰をはじめとして、慢性的な痛みで困っている方は多いです。

そしてその原因も様々ありますが、これまで多くの方々を診させていただいて、ある部位の状態がよくない方が多いなと感じています。
それは“背中”です。

肩や首ならなるほどと思うでしょうけど、腰に痛みや不調を感じる方も背中を触った時の弾力が弱くなっている方が多いんです。

背中には背骨だけでなく肩甲骨や肋骨とたくさんの骨があるので、もちろん関節も多く存在する部位でもあります。
筋肉は関節をまたいで、骨から骨へと付着をしているので、関節がしっかりと動かないことにはその上にある筋肉もおもうように動くことができなくなってしまいます。
そうすると筋肉が動く際に余計な力が入ってしまったり、緊張した状態になりやすくなり、疲れやすい筋肉となってしまうのです。
更に動きが悪くなった部位をかばうように、他の部位が普段とは違う動きをすることで疲労へとつながっていくことも多いのです。

疲れにくい身体にして、痛みのでにくい身体にしていくには、筋肉だけでなくその下にある関節もしっかりと動くように整えていかなければいけないのです。

当院での施術である、関節ニュートラル整体ではカラダにある、206個の骨・200の関節一つ一つを8方向(圧縮・牽引、前・後屈、左・右側屈、左・右回旋)に1mm以下という単位でずらし、ひっかかりを取り除いて本来の弾力のある状態へと戻していきます。

このように関節の多い背中も、スムーズに動ける状態にしておくことで筋肉や関節だけでなく、それらを覆っている膜(関節被膜)に負担をかけることがなくなるので、痛みや不調を感じることのない身体へとなれるのです。

逆に関節が詰まった状態のままのぎこちない動きになっている背中では、動かなくなってしまっているのをかばおうと、背中の上の肩や首、又は下にある腰といった部位に不調を感じるようになってくるのです。

痛みや不調が出ている部位とその原因になっていることは違うことは多いです。

身体の不調でお困りの方は是非お越しください。

ご予約はWEB
https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000381246
または直接お電話
03-6421-5507 
(『ホームページを見て電話しました』とお伝えください。)

20170902_654808.jpg