・最近の記事

2017-08-28 15:59:00

身体の不調の原因

歩いたり、物を取ったり、振り向いたり・・・

日常生活ではいろんな動きをしているものです。

その時に身体は、足だけ・腕だけ・腰だけと単体だけで動いているわけではなく、常にいろんな部位を連動させながら動いているんです!

 

そして不調な部位がある時は、普段は動かさないですんでいる部位を動かすことで、不調の部位を動かすことなくうまく身体を連動させ、生活に支障がないよう知らずのうちに誤魔化しながら動かすといったことを自然と行っているのです。

 

しかし普段と違う動きを長いこと繰り返していると、その部位に疲労がたまり筋肉が硬くなったりして痛みしてでるといったことはよくあります。

 

この場合疲労がたまった部位をほぐしてあげることも必要でしょうが、それだけでは痛みはすぐに戻ってきてしまいます。

 

それはなぜかというと、普段動かさないでよい部位を動かさないといけなくしてしまった、不調の部位がそのままになっているからです。

この不調の部位をしっかりとケアしてあげなことには、また同じことの繰り返しとなり、痛みはおさまることはないのです。

 

身体は常に様々な部位を連動させて動いているといったことを忘れてはいけないのです。

大げさに言えば、一つ一つの動きすべては全身を連動させることで動いています。

 

さらに、これらを動かすために働いている筋肉は、関節をまたいで骨にくっ付いていますので、関節も一つ一つが正常に動くようにしておかないといけないのです。

 

先日手の指に痺れがあるとご来院された方も、鎖骨にある関節(胸鎖関節・肩鎖関節)の調整をしっかり行うことで痺れも軽減して帰られました。

 

一見痛みや痺れと関係ないようなところも、実はそこが原因で不調を出していることは多いです。

 

なぜ不調を出しているのか、何が関係しているのかをしっかり聞きながら施術をして、痛みがぶり返さないように身体の連動性も整えるようしっかりとケアするよう施術していかないといけないのです。

 

その為にも、当院ではどんな痛みでも全身を整えていきながら、痛みのでない身体にしていくよう心がけています。

 

身体の不調でお困りの方は是非お越しください。

 

 

ご予約はWEB
https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000381246
または直接お電話
03-6421-5507 
(『ホームページを見て電話しました』とお伝えください。)