股関節痛のセルフケア①

 脚を上げたり、座ろうとした時に股関節の前側に股関節痛を感じている方も多いのですが、その原因は大腿筋膜張筋という筋肉が硬くなり、股関節の動きが詰まったような状態で動くことで、股関節痛を感じていることもあるんです。

※大腿筋膜張筋(写真赤ライン部分) : 骨盤の出っ張った骨(上前腸骨棘:写真A)から太ももの付け根にある骨(大転子:写真B)

2FFB7536-B72E-4EA9-8BEB-30089613AD3A.jpeg   A62E22B8-5349-4B42-B40A-39DB3573942F.jpeg

 

そこで自分でやるセルフケア①は大腿筋膜張筋のストレッチです。

 

① 片膝立ちになり、同側の手を挙げる。

BDAE10CC-7669-444B-8343-48FA86FCF7D4.jpeg  7D6DA866-6C7D-4DE8-A42C-3AD0C8D03D2D.jpeg

 

②腰を反らさないように注意しながら、斜め後ろに上体を倒していく。

③片膝立ちした側の骨盤を前にゆっくりと出していく。

目安1セット10秒〜30秒を3セット

315F78E5-663D-4146-B614-E823DCEF287F.jpeg  

※ピンク部が大腿筋膜張筋

大腿筋膜張筋スト4.jpg
反対側から見たフォーム

 
腰が反るようなフォームになると、腰に負担がかかり良くないので反らないようにして行ってください。

 

何かご不明な点等ありましたらお電話(03-6421-5507
又はこちらからお問い合わせください。